トップページ > 質の高い生活 で検索結果

潤い豊かな「質の高い生活」を目指して

手術前、通常治療中、手術後の再発防止に。そして緩和ケアを薦められた方に。

抗ガン剤に天然成分のビタミンを用いる、IPT療法高濃度ビタミンC点滴療法は、ガン患者が身体的、精神的苦痛を抱えることが無く、ガンを叩くことができる治療法です。別の言い方をすれば、質の高い生活(Quality of Life)を送れるようアシストする治療法ともいえます。
日本のガン治療で行われている通常療法である、抗ガン剤治療は、完全にガン細胞を消滅させられないばかりか、赤血球、白血球、血小板などにダメージを与える治療です。

抗ガン剤の投与は、白血球のダメージが大きくなればいったん投与を中断し、白血球の回復を待ってから再開するといった治療を繰り返していきます。中断の間にガン細胞は抗ガン剤に対する抵抗力をつけるので、次に抗ガン剤投与を再開したときは、さらに強い抗ガン剤を投与する必要があるという悪循環が生まれているのです。同時に、最も大切な自己治癒力や免疫が低下して、自分ではガンと戦えない体になっていきます。そして最後には自分をも傷つける抗ガン剤だけを頼りにするしかないのです。

IPT療法は、ガン患者の身体を傷つけることなく効果的にガン細胞を叩く治療法です。ガン細胞が死滅する、小さくなることによって体質も改善していきます。さらに高濃度ビタミンC点滴療法を併用することで、ガン細胞を叩くと同時に、免疫機能も向上させることが可能です。

IPT療法や高濃度ビタミンC点滴療法は、いろいろな段階で有効です。ガンの手術前では、主病変を縮小させ、見えない転移巣を除去させることが期待でき、通常の抗ガン剤・放射線治療中の場合は、副作用の軽減、免疫力の回復、抗ガン剤や放射線治療の効果増強などに効果があります。また手術後、退院したあとの積極的な再発防止にも効果を発揮します。そして、三大治療を終えて、緩和ケアに入った方においても、この副作用のないガン治療は治療の継続が可能で将来に希望を抱かせます。それに何よりも、元気を回復させるので、以前のように質の高い生活をしながら、余力を持ってガンと向き合い、ガンと戦う人生を送ることができるでしょう。