トップページ > 統合医療 で検索結果

潤い豊かな「質の高い生活」を目指して

手術前、通常治療中、手術後の再発防止に。そして緩和ケアを薦められた方に。

抗ガン剤に天然成分のビタミンを用いる、IPT療法高濃度ビタミンC点滴療法は、ガン患者が身体的、精神的苦痛を抱えることが無く、ガンを叩くことができる治療法です。別の言い方をすれば、質の高い生活(Quality of Life)を送れるようアシストする治療法ともいえます。
日本のガン治療で行われている通常療法である、抗ガン剤治療は、完全にガン細胞を消滅させられないばかりか、赤血球、白血球、血小板などにダメージを与える治療です。

抗ガン剤の投与は、白血球のダメージが大きくなればいったん投与を中断し、白血球の回復を待ってから再開するといった治療を繰り返していきます。中断の間にガン細胞は抗ガン剤に対する抵抗力をつけるので、次に抗ガン剤投与を再開したときは、さらに強い抗ガン剤を投与する必要があるという悪循環が生まれているのです。同時に、最も大切な自己治癒力や免疫が低下して、自分ではガンと戦えない体になっていきます。そして最後には自分をも傷つける抗ガン剤だけを頼りにするしかないのです。

IPT療法は、ガン患者の身体を傷つけることなく効果的にガン細胞を叩く治療法です。ガン細胞が死滅する、小さくなることによって体質も改善していきます。さらに高濃度ビタミンC点滴療法を併用することで、ガン細胞を叩くと同時に、免疫機能も向上させることが可能です。

IPT療法や高濃度ビタミンC点滴療法は、いろいろな段階で有効です。ガンの手術前では、主病変を縮小させ、見えない転移巣を除去させることが期待でき、通常の抗ガン剤・放射線治療中の場合は、副作用の軽減、免疫力の回復、抗ガン剤や放射線治療の効果増強などに効果があります。また手術後、退院したあとの積極的な再発防止にも効果を発揮します。そして、三大治療を終えて、緩和ケアに入った方においても、この副作用のないガン治療は治療の継続が可能で将来に希望を抱かせます。それに何よりも、元気を回復させるので、以前のように質の高い生活をしながら、余力を持ってガンと向き合い、ガンと戦う人生を送ることができるでしょう。

ガンの原因を追究する

ガン患者のライフスタイルを軌道修正し、ガンが発生しにくい体内環境をつくる

ガンの通常治療を施し、容態が安定し退院したかたでも、数年後に再発になるケースもあります。これは現在のガン治療、通常治療が、ガンになった原因を追究することが無く「ガン細胞を取り除くこと」に重点を置いた治療となっていることが要因のひとつとして考えられます。

ガンの要因は、遺伝、体質といった先天的要因だけでなく、不規則な食生活、慢性的なストレス、喫煙、日光・電磁波の長時間の被爆、水銀、食品添加物、歯科治療関連、免疫力を下げる薬の摂取などといった後天的な要因、つまり各自の生活習慣もガン発生の大きな要因となっています。

IPT療法高濃度ビタミンC点滴療法」を行うにあたっては、ガン患者ひとり、ひとりのライフスタイルを見直し、ガンが発生しにくい体内環境作りをトータルで考えていくことが重要です。当院では食事指導を含め、自然治癒力の向上、免疫力の向上を考え、ひとり、ひとりの患者様に見合う、治療方針を組み立てていきます。

超高濃度ビタミンC 点滴療法

IPT 療法とセットとして考える効果的な高濃度ビタミンC点滴

IPT 療法を行うに辺り、同時に取り入れたい統合医療が、アメリカやメキシコでは統合医療の医師が30年ほど前から効果を実感し、取り入れている統合医療のひとつ「超高濃度ビタミンC点滴療法」です。
高濃度のビタミンCは、ガン細胞だけを選択的に殺傷し、副作用のない抗ガン剤として脚光を浴びていますが、その他にもコラーゲンの合成の促進ウイルスの核酸の破壊、インターフェロンの生産を促し免疫力を高める役割や、抗ストレスホルモンといわれる副腎皮質ホルモンの生成にも関わるので、ストレスに負けない身体もつくるなど、様々な有効性が示されています。

ビタミンCは経口で摂取しても血中のビタミンC濃度は上昇せず、必要量以上のビタミンCが体内に入ると尿となり排泄され、抗ガン作用はほとんどありません。しかし50~100gもの超大量のビタミンCを静脈から点滴で体内に注入すると、血中のビタミンCの濃度は確実に上昇します。そして正常細胞にはまったくダメージを与えること無く、ガン細胞を叩き、さらに免疫機能の増強、コラーゲンの生成の促進といった、体内環境の向上を目指すことが可能です。つまり点滴で大量のビタミンCを注入することでビタミンCは、本来の栄養素としての働きとは全く別の作用を発揮するのです。

天然のビタミンを用いた、副作用が無い抗ガン剤治療として注目されているIPT 療法に、同じく副作用が無い抗ガン剤である高濃度ビタミンC点滴療法を併用することで、ガン治療において高次元の相乗効果を発揮させることが可能です。

IPT療法の手順

インシュリン投与で低血糖にしガン細胞がもっとも嫌がる体内還境をつくる

IPT 療法を受ける日の朝は朝食を抜きます。そしてより効率的にブドウ糖を栄養素としているガン細胞が、アミグダリン(ビタミンB 17 )が混入されたブドウ糖を取り入れるようにするために、患者の全身の血糖値をインシュリンの注入で一時的に下げ、ガン細胞が糖に飢えている状態、飢餓状態をつくり出すのです。
血糖値が50mg/dl~40mg/dl くらいまで下げていくと少しぼーっとして眠くなったり、発汗したりしますが、医師の管理のもと行うので安全です。また緊急用にすぐにブドウ糖注射を投入できる準備も万端です。

次にアミグダリンを混ぜたブドウ糖液を約20分かけて点滴で身体に注入していきます。アミグダリンの大部分は、糖に飢えているガン細胞に取り込まれていき、その結果、アミグダリンの抗ガン作用でガン細胞だけが死滅していきます。
IPT 療法はガン細胞だけを死滅させ、正常細胞にはまったく傷つけることがないため、ガン患者の身体の負担をかけることなく進めることができる理想的な療法です。

治療回数は月5回が基本。連日5日の治療、週2回のペースなど、ライフスタイルに合わせて治療を行うことが可能です。

アミグダリン(ビタミンB17)の作用

アミグダリンは、何故ガン細胞に猛毒で人体に無害なのか ?

アミグダリン(ビタミンB 17)は、2つのブドウ糖と、ベンズアルデヒド、シアノイドという4つの分子で構成されています。天然成分のビタミンであるアミグダリンそのものには毒性はありませんが、ガン細胞に周囲にあるβ-グルコシダーゼという酵素の一種に触れると、4つの分子が分解され「シアン化水素(青酸カリ)」という猛毒に変化します。つまり、ブドウ糖を栄養素としているガン細胞は、ブドウ糖欲しさにアミグダリンを引き寄せた結果、猛毒をも同時に取り込むという仕組みです。

正常細胞にはローダネーゼという保護酵素があるため無害ですが、ガン細胞には保護酵素が無いため、猛毒のシアン化水素は、ガンを死滅させる効果を発揮することができるのです。
またアミグダリンの分子のひとつであるベンズアルデヒドは、健康な細胞に接触すると酸化し無害の「安息香酸」に変わります。これはアスピリンと同様の働きがあり、ガンに伴う痛みを沈静化する効果を発揮します。

登録カテゴリー: アミグダリンについて

タグ・クラウド:,,,

副作用の無い抗ガン剤治療

ガン細胞の特性を利用し、正常細胞に無害、ガン細胞に有毒となる、ビタミンB17を注入する

IPT療法(インシュリン強化療法)は、ガンの栄養療法として世界的に有名なメキシコのサンタモニカ病院、ゲルソン病院、オアシス病院の中で、サンタモニカ病院元院長のカート・ドンスパック先生が35年もの研究開発をした結果、推進している統合医療です。IPT療法を受けた多くのガン患者に対してあげた成果は、先に述べたアメリカガンコントロール協会においても高く評価されています。特筆すべきは、天然成分のビタミンを用いた副作用の無い抗ガン剤治療であることです。

IPT 療法は、ガン細胞がブドウ糖(グルコース)を栄養源として繁殖していること、ガン細胞が正常細胞よりも約16倍ものブドウ糖を取り込む特性であることに注目し、ブドウ糖と一緒にアミグダリンと呼ばれるビタミンB17を溶かしたものを注入することで、ガン細胞を死滅させる治療です。
天然成分のアミグダリン(ビタミンB17)は、正常細胞にはまったく無害で副作用がありませんが、ガン細胞にとっては猛毒となりガン細胞を死滅させる効果を発揮します。まさに、人に優しく、ガンに厳しい治療法なのです。

NPO法人ガンコントロール協会

統合医療の先進国アメリカと統合医療の認可が遅れている日本

1973年にアメリカでは非営利、慈善事業団体として「アメリカガンコントロール協会」が設立されました。それ以降、毎年ロサンゼルスにて、世界中からガンやその他の変性病のドクターを始めとするガンの権威者が集結し、統合医療の数々の情報提供を行う場として、アメリカガンコントロール協会主催のガンコンベンションが開催されています。
さらに1992年、アメリカでは日本の厚生労働省にあたる国立衛生研究所に「統合医療事務局」が設立されました。様々な統合医療の有効性を検証、研究が進められ、現在アメリカでは13の州で統合医療が認可され、9の州で統合医療に保険が適用され始めました。ガン治療で言えば、手術、抗ガン剤、放射線治療といった西洋医学の通常療法に対して、それ以外の療法を取り入れた「統合医療」という理想とする形で、アメリカの医療は歩み始めているのです。

いっぽう日本では1994年に、「NPO法人ガンコントロール協会日本支部」が設立されました。協会では医学の限界を補うために、身体への負担が無く、自己治癒力を高めるための食事、栄養素療法をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ諸国で実績を上げているIPT療法、高濃度ビタミンC点滴療法といった「統合医療」の成果を、多くの患者、医師、医療関係者に情報提供を行う活動を続けています
しかし国家レベルで統合医療に取り組むアメリカと比べ、西洋医学を軸に治療を進めている日本では、統合医療を受け入れるところが少ないのが現状です。そのため西洋医学の医師から治療法が無いと見放されたまま、ガン治療を断念せざる得ない患者の数は少なくありません。

ガンの治療には、西洋医学の通常療法と併用して行うことができる統合医療を取り入れて治療に臨んでいく姿勢が理想的です。IPT療法は、ガン患者の免疫力を向上し、回復延命、さらにはガンと共存できるくらいに健康な身体を取り戻す可能性がある治療法なのです。

患者が受身の三大治療と患者自身が選ぶ統合医療

現在、ガンセンターや大病院で行われているガンの治療は、通常療法と呼ばれている、外科手術、抗ガン剤治療、放射線治療の三大治療です。我々は検診でガンが発見されれば当然のように大病院に入院し、ガンの状態に応じて三大治療を受けることになります。
しかし、抗ガン剤治療、放射線治療を使った例では、国立ガンセンターの発表においても5%の患者しか完全な治癒はしていません。そればかりか、放射線・抗ガン剤治療は、ガン細胞を死滅する効果を発揮しますが、同時に正常細胞を傷つけるため患者の免疫力は低下させる治療法でもあります。しかしガン治療の現状では、医者側も患者側も「副作用」が起こることを当たり前のように受け入れて治療に臨まれているのです。

本来のご自身の寿命を最後まで元気に全うするためには、現在の日本のガン治療の常識は、決して世界の常識ではありません。三大治療だけが信頼できるガン治療であると言える根拠は崩れているのです。患者側がただ受身となっての通常治療だけでは戦えないことは、前述の完全治癒率の低さからも明らかです。

どんな病気でも病気の原因を取り除くことが大事なのですが、ガンの場合、ガンが発生した原因を追究しそれを改善する治療だけでは全く片手落ちなのです。ガン治療を成功させるには、通常療法の行う前に、まず第一にガンになった原因を追究し改善することが大切です。生活習慣を見直す指導、また、ガンと戦うために免疫力や自己回復力の回復させる治療など、ガンを追放する体内改善が絶対に必要なのです。人間はガンを消滅させる治癒力を秘めています。その力を最大限に引き出して戦うのです。またガンに対しても殺傷力のある抗ガン治療が必要ですが、可能な限り自己回復力を低下させないことが絶対条件なのです。
さて、そんな夢の抗ガン剤はあるでしょうか ?

答えはここで紹介する「高濃度ビタミンC点滴療法」がそれです。そしてさらに強力な「IPT療法」が日本に上陸しました。三大治療との相乗効果にも優れたこれらの方法を取り入れた統合医療は、欧米で注目され急速に拡がっています。そしてこれは元気に、生活の質を低下させずにガン治療と向き合うために必要不可欠な方法なのです。
IPT療法はその効果、実績からいま最も注目されているガン治療です。副作用の無い抗ガン剤を用いたIPT療法は、正常細胞を傷つけることなくガン細胞を確実に叩き、免疫力を低下させることなく自然治癒力を高めることができるのです。

登録カテゴリー: 統合医療の必要性

タグ・クラウド:,,,