トップページ > ライフスタイル で検索結果

ガンの原因を追究する

ガン患者のライフスタイルを軌道修正し、ガンが発生しにくい体内環境をつくる

ガンの通常治療を施し、容態が安定し退院したかたでも、数年後に再発になるケースもあります。これは現在のガン治療、通常治療が、ガンになった原因を追究することが無く「ガン細胞を取り除くこと」に重点を置いた治療となっていることが要因のひとつとして考えられます。

ガンの要因は、遺伝、体質といった先天的要因だけでなく、不規則な食生活、慢性的なストレス、喫煙、日光・電磁波の長時間の被爆、水銀、食品添加物、歯科治療関連、免疫力を下げる薬の摂取などといった後天的な要因、つまり各自の生活習慣もガン発生の大きな要因となっています。

IPT療法高濃度ビタミンC点滴療法」を行うにあたっては、ガン患者ひとり、ひとりのライフスタイルを見直し、ガンが発生しにくい体内環境作りをトータルで考えていくことが重要です。当院では食事指導を含め、自然治癒力の向上、免疫力の向上を考え、ひとり、ひとりの患者様に見合う、治療方針を組み立てていきます。