トップページ > アミグダリン で検索結果

IPT療法の手順

インシュリン投与で低血糖にしガン細胞がもっとも嫌がる体内還境をつくる

IPT 療法を受ける日の朝は朝食を抜きます。そしてより効率的にブドウ糖を栄養素としているガン細胞が、アミグダリン(ビタミンB 17 )が混入されたブドウ糖を取り入れるようにするために、患者の全身の血糖値をインシュリンの注入で一時的に下げ、ガン細胞が糖に飢えている状態、飢餓状態をつくり出すのです。
血糖値が50mg/dl~40mg/dl くらいまで下げていくと少しぼーっとして眠くなったり、発汗したりしますが、医師の管理のもと行うので安全です。また緊急用にすぐにブドウ糖注射を投入できる準備も万端です。

次にアミグダリンを混ぜたブドウ糖液を約20分かけて点滴で身体に注入していきます。アミグダリンの大部分は、糖に飢えているガン細胞に取り込まれていき、その結果、アミグダリンの抗ガン作用でガン細胞だけが死滅していきます。
IPT 療法はガン細胞だけを死滅させ、正常細胞にはまったく傷つけることがないため、ガン患者の身体の負担をかけることなく進めることができる理想的な療法です。

治療回数は月5回が基本。連日5日の治療、週2回のペースなど、ライフスタイルに合わせて治療を行うことが可能です。

アミグダリン(ビタミンB17)の作用

アミグダリンは、何故ガン細胞に猛毒で人体に無害なのか ?

アミグダリン(ビタミンB 17)は、2つのブドウ糖と、ベンズアルデヒド、シアノイドという4つの分子で構成されています。天然成分のビタミンであるアミグダリンそのものには毒性はありませんが、ガン細胞に周囲にあるβ-グルコシダーゼという酵素の一種に触れると、4つの分子が分解され「シアン化水素(青酸カリ)」という猛毒に変化します。つまり、ブドウ糖を栄養素としているガン細胞は、ブドウ糖欲しさにアミグダリンを引き寄せた結果、猛毒をも同時に取り込むという仕組みです。

正常細胞にはローダネーゼという保護酵素があるため無害ですが、ガン細胞には保護酵素が無いため、猛毒のシアン化水素は、ガンを死滅させる効果を発揮することができるのです。
またアミグダリンの分子のひとつであるベンズアルデヒドは、健康な細胞に接触すると酸化し無害の「安息香酸」に変わります。これはアスピリンと同様の働きがあり、ガンに伴う痛みを沈静化する効果を発揮します。

登録カテゴリー: アミグダリンについて

タグ・クラウド:,,,