IPT療法と統合医療

副作用の無い抗ガン剤 IPT療法。
西洋医学の限界を補う 統合医療。

IPT療法(インシュリン強化療法)は副作用の無い抗ガン剤「アミグダリン(ビタミン17)」を用いた統合医療。ガン細胞を確実に叩き、正常細胞を傷つけず免疫力を維持します。ガン患者の質の高い生活(Quality of Life)を高めることをも目的にした統合医療です。

統合医療とは、何よりも患者にとって最良の医療を与えることを目的とした受診側主導の医療です。
今日、医療の中心となっている現代西洋医学での治療は、近代的で効果はあるものの、病人よりも "病気" に焦点をあてているため副作用が強く現れることもあります。
そこで改めて相補、伝統医学が見直され、西洋医学だけでなく、中国、日本、インドなどの伝統医学から良い治療を取り入れていく統合医療が生まれました。
統合医療は病気そのものの治療だけでなく、個の満足度を重視し、患者が質の高い生活を送ることができるように、西洋医学、相補といったあらゆる療法から、個人に見合う治療を提供していく医療です。

最新情報│Information

  • [ 2013年4月 1日 ] IPT療法.jp を更新しました。